DoDが2018 新型薪ストーブ メラテレビを発売

DoDがメラテレビという新型薪ストーブ を発表しました。

サイズは9型と16型の2種類です。

まるでテレビみたいなサイズ表記。

それぞれディスプレイと同じく対角線を結んだ長さ(インチ)を表しています。

折り畳みはできませんが天板がはずれ煙突が収納が可能です。

このためで、持ち運び時にはコンパクトに。

特徴はまずクリアな窓を保つエアカーテン。

自分もふもっとっぱら行ったときに薪のススが内側にへばりついて炎が見えなくなってしまいました。

しかしその後燃焼させ続けると再びクリアにはなるのですが。

そしてもう一つは遮熱板を利用してピザなどが焼けます。

これはありがたい。

僕は春に手放したスケスケのまきちゃんを買い戻そうとしていたところなので悩ましいところです。

薪ストーブとして考えてみればメラテレビなのでしょう。

しかし夏のグリルとして使用する場合はコンパクトに折りたためるスケスケのまきちゃんはかなり魅力的です。

メラテレビを買うとしたら横長でスタイリッシュな16型でしょうか。

厳寒期にメラテレビで焚き火劇場を堪能したいです。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す