GoPro HERO 7 Black を買ったので自転車乗り的テストしてみた

GoPro HERO 7 Blackを購入しました。

そこでロードバイク乗り的見地からレビューをしてみます。

秩父までの往復200Kmでテストを行いました。

まず一番気になっていた音声テスト。

画質は全て2.7Kです。

かなりの向かい風にも関わらず「ボーボー」という風切り音がかなり低減されています。

向かい風でなかったらかなりノイズは抑えられるはずです。

それでいて自分の音声ははっきりと記録されているところがすごいです。

次にSuper Smoothと呼ばれるBlackのみ搭載されている手ぶれ補正機能を試してみます。

場所は荒川サイクリングロードのグラベル。

強烈な手ぶれ補正機能です。

背景がほとんどブレていません。

逆に不自然さを感じてしまいました。

これだとかえって臨場感が失われてしまっている気がします。

少し暗めのダートも走ってみます。

新機能TimeWarpをためしてみます。

これは周囲の大きい建造物などに向いていそうです。

しかし半径が小さいとすぐに終わってしまいます。

暗所性能も試してみました。

あまり動かさなけれなノイズも少なくていいと思います・

ホワイトバランスも試してみました。

自動だと白っぽくなってしまいます。

Protuneで色温度を5500kくらいまで上げると自然に近いあかりが得られます。

まとめ

GoPro HERO 7 Blackは高性能ですが、自分には時期尚早かなと思いました。

絶賛されている手ぶれ補正機能は作っている感じがしてあまり好きになれませんでした。

それよりもマイクや静止画の性能がよくなったことに好感が持てました。

しかし、それならSilverやWhiteでもよかったかなと思います。

とはいえGoProの出番を必要とするエクストリームスポーツをやっている人はほんのわずかです。

今回のモデルチェンジでvLogやちょっとした旅のメモ代わりに一般の人でも使えるガジェットになったと思います。

自分自身も今回のキャンプツーリングでデジカメを家に置いていきたので、大幅な荷物の軽量化を果たすことができました。

もうこれからは旅の記録はGoPro HERO 7 Black 1台で十分だよといえるアクションカムに仕上がったと感じました。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す