GoPro が HERO 7 3機種を発表

ついに GoPro HERO 7 が発売されることになりました。

GoPro HERO 6を買おうとしていたので、危なかったです。

今回は光学部分はあまり変わっておらずマイナーチェンジということです。

しかしマイナーというにはもったいないほど自転車キャンパーには魅力たっぷりの機能がてんこ盛りです。
しかも今夏のモデルは3種類もバリエーションがあります。

「GoPro HERO7 Black」(4万9800円)は、4K/60fps、1080p/240fps、1200万画素/30fps写真など、解像度とフレームレートは前のモデルと変わらず。

しかしHyperSmoothビデオ、 TimeWarp機能、Facebookライブストリーミングなど、機能は大幅にアップ

そして何よりも評判が悪かった。マイクの性能がよくなったのはありがたいです。


真ん中のモデルは「GoPro HERO7 Silver」(3万7800円)。

動画は4K/30fps、写真は1000万画素/15fps。手ブレ補正はGoPro HERO5 Blackと同程度。

一番安いモデルの「GoPro HERO7 White」(2万7800円)。

動画は1080p/60fps、写真は1000万画素/15fpsと4K動画は撮れません。

でもこの価格でGoproが手に入るのは嬉しいところです。

僕は新しくなった手ぶれ機能がほしいので一番上のGoPro HERO7 Blackがほしいです。

シクロクロスでもまるでジンバルを使っているようです。

日本での発売は2018年9月27日からです。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す