FELT AR 5 2019 に乗ってみた

発表されたばかりのFELTのエアロロード AR5 2019に試乗してきましたのでビューしたいとしたいと思います。



FELTは地味なカラーのロードバイクが多いのですが、このモデルは爽やかなブルーです。

エアロロードらしくヘッドチューブの先端は尖っていて前面投影面積はかなり小さいです。

フロントフォークも大丈夫かと思うくらい薄く設計されています。

特殊なフォーククラウンの形状が、フォークからダウンチューブへかけての乱流を抑え、エアロダイナミクスを大幅に向上させています。

さらにワイドなクラウン部が、振動吸収性、ブレーキング性能の向上にも寄与しています。

ダウンチューブはTTバイクを彷彿させるような縦扁平が強い楕円形状です。

BBにかけてはティアドロップ型に広がっています。

シートチューブはタイヤとの隙間がほとんどありません。

ブレーキケーブルはトップチューブから収納されます。

メインコンポはシマノ105です。

サドルはフィージークのArioneです。

反転可能なVGO シートポストを採用することで、ロードレースとトライアスロンの両方のセッティングを可能にしています。

シートポストを180度反転させ、72.5度から78.5度にシートアングルを変更する事が可能です。

さらに3TのDiffLockシートクランプ機構とポリマー素材により、サドルクランプ部とシートポスト間で路面からの振動を軽減。

BB周りはかなりボリューム感があります。

BBは主流のプレスフィット式ではなく、スレッド式を採用することでメンテナンス性を向上させています。

リアブレーキはチェーンステーの付け根のあたりにダイレクトマウントされています。

早速試乗しました。

漕ぎ始めてすぐこれはすごいロードバイクだ思いました。

少ない力でもスルスルと前に前に進んでくれます。

時速20キロに達しない低い速度で明らかにエアロ効果が感じられます。

これなら同じ速度を維持しようとした場合より少ない力で済んでしまいます。

当日は試乗コースは海際の河口付近で東風がものすごく強く吹いていました。

それにも関わらず横風を受けてもあまり風の抵抗を感じませんでした。

そしてもっと感動したのが振動吸収性の良さです。

フィジークのArioneは僕も使ってますが座面の硬いサドルです。

それにもかかわらずほとんどお尻が痛みを感じないのです。

DiffLockシートクランプ機構の威力は絶大です。

これならこれならレーパンなしで長距離走れるかもしれません。

FELT AR5はエアロ効果に優れて少ない力で気楽に進んでくれ、さらに振動吸収性も抜群で疲れにくいというかなりコスパの高いエアロロードだと思います。

久々に乗って感動したロードバイクです。

僕ならこれにエアロバーを付けて荒川サイクリングロード飛ばしてみたいです。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す