Colnago C-RS 105 2018に乗ってみた

イタリアンブランドの代表格コルナゴのミドルグレードバイク C-RS 105 2018のインプレをしたいと思います。

Colnago C-RSは2017年モデルに新たなラインナップとして加わったモデルです。

105のモデルはメタリックが入った美しい青です。

最大の特徴がコルナゴの特徴とも言えるスリットの入ったダウンチューブ。

C60を彷彿とさせます。

ケーブルはミドルグレードでは当たり前になった内装式です。

フロントフォークはやや扁平気味のストレートフォーク。

シートステーはアワーグラス形状をしています。

ブレーキはテクトロですが、コルナゴのロゴが入っています。

試乗してみました。

エンデュランスモデルのようにかなり伸びてくれます。

これなら長距離もかなり楽に走れるでしょう。

かといってやわらかすぎずにいい感じですね、

ライバルはDE ROSA Nickというところでしょうか。

もし自分が2018年モデルで買うとしたらたぶんこのC-RS 105でしょう。

それくらい気に入ったロードバイクでした。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す