Cannondale SYNAPSE CARBON DISC ULTEGRA 2018に乗ってみた

キャノンデールから新たに発売されたシナプス カーボン ディスクに試乗してきました。

シナプスシリーズはCannondaleの誇るエンデュランスモデルです。

前のモデルはフカフカしたロールスロイスのような乗り心地が特徴のロードバイクでした。

ブルベでも愛用者さんが多くいますが、さぞかしこれで走ったら楽だろうなと思います。

そんなシナプスがフルモデルチェンジを果たしました。

ヘッドチューブはアワーグラス形状をしています。

セクシーな丸みを帯びた曲線を描くフロントフォーク。

PINARELLO DOGMA K8-Sのような横偏平のチェーンステー。

いかにも振動吸収してくれそうな形状をしています。

一番大きく変わったのがBB周りです。

以前のモデルはシートチューブの付け根が剛性を落とすために二股になっていたのですが

今回は薄く作ることでしなやかさを出そうとしています。

前後とも12ミリスルーアクスルを採用。

走ってもみてまず感じるのが、軽さです。

長距離を走ったとき前モデルは快適性に優れていて脚を残し最後にスパートをかけるタイプ。

今回のモデルは軽さを活かした先行逃げ切りタイプといったところでしょうか。

加速はかなりだるい感じがしますが、一度加速してしまえば速度維持は楽です。

自分なら32ミリのタイヤを履いてグラベルロードも走ってみたいと思いました。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す