LOOK 785 Huez 105 2018に乗ってみた

LOOKが2018年に新たにラインナップに加えた785 Huezシリーズ 。

Herzとはツール・ド・フランスでお馴染みの山岳コースラルプ・デュエズの途中にある町の名前です。

つまりこのhuezシリーズはヒルクライムモデルということを意味します。

上位モデルのLOOK 785 Herz RSとの違いは主にカーボンの材質と積層の違いです。

またRSはフレーム販売ですが、廉価版の785 Herzは完成車で販売され105モデルは価格で32万円です。

廉価版といってもややお高めですが、この値段で高性能なLOOKが買えるともいえます。

見た目は至って普通になりました。

以前は未来から来た自転車のようだったあのルックスの面影は何処にもありません。

見た目がどうというよりもステムやシートポストの長さが変えにくいのがネックになっていて買うのを敬遠してきた人たちも多いのではないのではないでしょうか。

今回のモデルは奇をてらったところがまったくなく、ロゴを消したら何処の自転車かわからないほどです。

ケーブルは内装式です。

フォークはやや扁平しているストレートフォークです。

ダウンチューブは太い各断面。

チェーンステーは縦扁平で、シートステーはかなり華奢な印象を受けました。

シートポスト、ステムもいたって普通に。

サードパーティ製のパーツが使えるのがうれしいところ。

試乗してみました。

ヒルクライム用といっても、8.25kgとさほど軽くない重量。

しかしこれがかなりしっとりとしたのり心地を与えてくれているようです。

またかなりしなりで伸びてくれるので、楽に加速してくれる自分好みの味付けです。

この値段でこの性能はすごいと思いました。

同社では「山岳グランフォンドに最適なコンフォート・クライミングモデル」だと位置づけていますがその通りだと思いました。

日本で言えば山岳ブルベといったところでしょうか。

ヒルクライムレースで上位を目指すのであれば軽さの面でRSなのでしょうが、一台でいろいろやってみたい人にはこれで十分だと思います。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す