GIANT PROPEL ADVANCED PRO DISC 2018年モデル インプレッション

今年プロペルのディスクブレーキモデル GIANT PROPEL ADVANCED PRO DISC 2018が新たに追加されました。

ディスクモデル用に新設計されたので、従来のリムブレーキモデルとは別物といっていいでしょう。

お値段も完成車税別価格が600,000円とだいぶお高くなりました。

ヘッドチューブを前から見ると極薄でさすがエアロロードの風格があります。

しかし横から見るとかなり幅広いです。

よく見るとカーボンが透けて見えていて軽量化のために塗装をせずクリアーを吹いただけかもしれません。

ダウンチューブとシートチューブはリムブレーキモデルと比べてかなり幅広です。

下側はやや丸みを帯びていました。

メインコンポは電動のSHIMANO ULTEGRA Di2。

ブレーキもSHIMANO ULTEGRA 140mmです。

フレームやフォークはフラットマウンドディスクブレーキ専用設計。また、あらゆる気象条件や路面状況で信頼性の高いブレーキング性能を発揮するため、12㎜スルーアクスルが前後とも採用されています。

新型のケーブル内装式カーボンバーとカーボン製ステム。

ケーブルが見あたりません。

ハンドルを切るとステムのサイドに設けられた窓のようなものが開閉します。

ホイールはチューブレスにも対応しているGIANT SLR1 AERO DISC Carbon。

カーボンデュープリムホイールで前後のハイトが違います。

リムブレーキモデルが繊細で縦剛性が高そうな乗り味に対し、こちらは野太く自転車が後ろから押されるように加速していきます。
なんとなくBMC RoadMachine01ともかぶるような乗り心地です。

無風や正面からの向かい風だけならリムブレーキモデルのほうが、空力性能は優れているように感じられました。

しかしディスクモデルのほうが速度を維持するのが楽で、脚にも優しいです。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す