GIANT PROPEL ADVANCED PRO 1 2018年モデル インプレッション

ジャイアント プロペル ADVANCED PRO 1の2018年モデルに試乗してきたのでレポートします

このモデルはディープリムカーボンホイールが標準装備された非常にお買い得なエアロロードモデルです。

ディープリムのホイールが付いているのに重量が7kg台なので、エアロロードとしては軽いほうだと思います。

チューブレス対応というところもすばらしいです。

スペック

フレーム Advanced-Grade Composite OLD130mm
フロントフォーク Advanced-Grade Composite、Full Composite OverDrive 2 コラム
BBセット SHIMANO BB72-41B Press Fit (BB86)
ギアクランク SHIMANO ULTEGRA 36/52T 170mm(XS、S)、172.5mm(M、ML)
チェーン KMC X11EL
F.ディレーラー SHIMANO ULTEGRA 直付用
R.ディレーラー SHIMANO ULTEGRA
シフター SHIMANO ULTEGRA 11S
ブレーキセット GIANT SPEED CONTROL SL Titan Bolt
ブレーキレバー SHIMANO ULTEGRA
ギア SHIMANO ULTEGRA 11S 11-28T
ヘッドセット FSA シールドカートリッジ 1-1/4″-1-1/2″ OD2
ハンドルバー GIANT CONTACT SL 31.8 400mm(XS、S)、420mm(M、ML)
ハンドルステム GIANT CONTACT SL OD2
サドル GIANT CONTACT SL FORWARD
シートピラー GIANT VECTOR Composite
ホイールセット GIANT SLR1 AERO Carbon WheelSystem
タイヤ GIANT GAVIA RACE 1 700x25C Tubeless Ready

では外観から見ていきましょう。

ダウンチューブはかなり薄いです。

しかし場所によって厚みが変わっているのがわかります。

下側は少し厚くなっています。

前から見ると本当に投影面積が少ないのがわかります。

後ろから見るともっと薄く感じます。

扁平でどっしりとしたフロントフォーク。

ブレーキは空気抵抗が少ないジャイアント独自のものが取り付けられています。

リアブレーキも同様です。

メインコンポはNEWアルテグラです。

ホイールは55mmハイトのカーボリムホイール。

単体で買ったら16万円もしてしまいます。

試乗してみました。

まず低速でも空気抵抗が少なく、スッとロードバイクが前に進むのがわかります。

また形状からして当然ですが縦剛性が非常に高く、しなりで進むようなタイプではないです。

この後今年発売されたばかりのディスクブレーキモデルに乗ったのですが、見た目とは裏腹にリムブレーキモデルはかなり繊細で線の細い印象を受けました。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す