東北でソロキャンプしながら魚を釣って食べる

タイマグラキャンプ場にやってきて2日目

翌日、朝食を食べてから近所の川でフライフィッシングをすることに。

結構釣り人が入っていて意外と魚はすれているようです。

アタリはあるもののがっぽりとは食ってくれずかなり苦戦しました。

夕食用に一匹お持ち帰り。

一旦キャンプ場もどりテントを移動しようとすると…

なんとドッペルギャンガー T6-35の骨がボッキリと折れてしまいました。

お気に入りのテントだけに残念でした。

予備に持ってきたバイクキャンピング用のMSR Hubba NXのソロ用テントを設営。

気を取り直して食事の支度をします。

昨日のNorth Eagle コンロ 折りたたみ串焼きBBQ II NE1410で釣ってきた岩魚を炭火焼することに。

串を持ってこなかったので自作します。

川を見ながらの塩焼きは最高でした。

少し暗くなってきたので古いコールマンのランタンを点灯します。

自分がキャンプをやり始めたときに買ったランタンです。

岩魚をつまみに夕暮れ迫る川面を見ながらひとり宴会していたら・・・

近くでソロキャンプされている方からビールとソーセージの差し入れをいただきました。

知らない人との交流もグルキャンではなかなかできないのでいいですね。

翌朝も晴天。

でも川風が涼しくて炭火でパンを焼きました。

朝食後、川を見ながら読書。
このキャンプ中一番のびりした時間だったかもしれません。

今日は東京に帰る日だったので、テントの撤収をします。

撤収完了は12時を過ぎていました。

タイマグラキャンプ場はロケーションも最高ですが、
なんといっても管理人のホスピタリティでしょう。

早池峰山荘に入漁兼を買いに行ったとき「困ったことがあったら何でも言ってください」といわれました。

サイトもきれいに掃除が行き届いていたし、本当に良いキャンプ場でした。

応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す