東北の秘境タイマグラ キャンプ場に泊まってみた

連休はタイマグラという岩手県の奥地にあるキャンプ場で過ごしました。

タイマグラってアイヌ語のニオイがプンプンするのですが、
調べてみるとやはりアイヌ語で「森の奥へ続く道」という意味らしいです。

ここは戦後にできた集落でしたが、1988年に日本で一番最後に電気の通った村でした。

1988年って日本はバブル期です。

そんな時代になってもテレビもなかったってことで、まさに「北の国から」のような暮らしだったんだと思います。

あまりにも不便なので早々に過疎化が進んだとか。

管理棟がありますが、ほぼ無人で管理人は道路を隔てた反対側の早池峰山荘に居ることが多いです。

料金は510円/1泊です。

しかし、東北のキャンプ場は安いです。

また薪はなんと一束200円という激安価格でした。

設備は洗い場の横にBBQ台が設置されています。

トイレは残念ながら水洗ではありません。

ここのキャンプサイトは2段構成になっていて、広い芝生のエリアから一段下がったところに
川沿いのキャンプエリアがあります。

川沿いに張りたかったのですが、家族連れが1組み

早速ドッペルギャンガーのワンタッチ2ルームテントT6-35を川沿いに設営。

表面はフカフカですが、ペグが全然刺さりません。

おそらく土の下は石が敷いてあるのでしょう。

ペグダウンするのに苦労しました。

そのあと食事の準備に取り掛かります。

今回North Eagle コンロ 折りたたみ串焼きBBQ II NE1410ノースイーグルのBBQグリルを持ってきました。

A4サイズくらいにコンパクトに折りたためるので、荷物になりません。

使うのがもったいないほどキラキラしています。

説明書がついていましたが見なくてもできるくらい、組み立ても簡単。

早速ひとり焼き肉。

早池峰山を観ながらの食事は最高です。

食後は久々にたき火を楽しみました。

この日は夜中に起きたら満点の星空でした。

天の川も久しぶりに見ました。

川の音を聞きながら深い眠りに落ちました。

応援よろしくお願ついいたします

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す