ドッペルギャンガーから魅力的なバイクパッキング製品が続々発表!

バイクパッキングとはキャリアなしで自転車に荷物を積む方法で、自転車旅では流行のスタイルになってきています。

そんな中、Doppelgangerが魅惑的なバイクパキング用品を一気に発表してくれました。

最初に見た時なんじゃこりゃと思いました。

自転車がバックだらけ。

すさまじい装備です。

これ全部に荷物入れたら重くて走れないのではと思います。

ハンドルバーバック

ハンドルバーバックは手の届きやすいところにあるので、出し入れがしやすいものがいいです。

他社のものは取り出しが不便なものが多いですが、ドッペルギャンガーのバックは上部にジッパーがついているので使い勝手がよさそうです。

ひとつ前のティアグラのSTIレバーでも付けられたら良いのですが。

ステムバッグ

ハンドルバーバック までは必要なくてもモバイルバッテリーや補給食などちょっとしたものを入れるのに便利です。
某社のものは高くて手が出なかったのですがこれなら買えるかもしれません。

アクセサリーバッグ

僕もSURYのまねをして荷物をフロントフォークに結びつけたことがあるのですが、グラついて失敗に終わりました。
これはちゃんと固定できるといいのですが、人柱になる気はありません。

トップチューブバッグ

以前はスマートフォンやモバイルバッテリーを入れるのに使ってたのですが、漕ぐときに邪魔なので使わなくなってしまったトップチューブバッグ。
サドルの真下にあるのは意外と邪魔にならなくて意外とアリかも。
また、後方のライトやバックモニターの電源供給のも便利そうな位置です。
でも実際に取り付けて漕いでみないとわからないです。

フレームバッグ

今回の発表で一番欲しいのがコレ。
海外製品との違いは、日本人用の小さなフレームでも収まるように作られていること。
自転車の真ん中に位置するので荷物を載せるのでバランスがいいです。
三脚とか釣り竿とか長いものが載せられるのも便利。
欠点は横風に弱いところでしょうか。

サドルバッグ

これは各社から発売されているので、自分で使い勝手がいいものを選べばよいと思います。
あえてこの製品を選ぶとすれば、他のバッグ類との統一感と値段です。

値段や発売時期に関してはまだ不明ですが、ドッペルギャンガー価格でお願いしたいところです。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す