GoproがHero6とFusionをしれっと発売

前の記事でも書きましたが最近4KテレビでYouTubeを視聴することが多くなりました。

アクションカメラも4K化したいなと思いGoproのホームページを見たら、最新機種はHERO 5ではなくいつの間にかHERO6が出ていました。

Hero6Black

5との大きな違いは4Kの映像形式がH.265 / HEVCに対応したということではないでしょうか。

これはMACの新OS High sierraでも対応するようになったフォーマットです。

4K動画を撮影するのに躊躇してしまうのが、その容量の大きさです。

しかしこの形式なら従来の要領の半分くらいで済んでしまいます。

またこれはHERO5からの機能ですが、魚眼ぽい数を長方形に直してくれる機能がすばらしいです。

もうこれは小型デジカメだと思いました。

とにかく映像が美しいです。

今までソニーの高級DSC-RX100M5など持ち歩かなくてもHERO6ですみそうな感じです。

もう一つびっくりしたのは「Fusion」と言う360°アクションカメラの発売を控えているということです。

ちょっと前にInsta 360 ONEと言う360°カメラが話題になりました。

両方とも360°で撮った画像を写真のように長方形にできると言う凄い機能持っています。

ロードバイクで車載動画を撮影すれば前だけでなく横や後、空までも自由に切り出せるというのはとても魅力的です。

カタログ上はこの2つの製品であまりこれといった性能差は見つからず、むしろ小型で安価なInsta 360 ONEに分があるように見えました。

しかしYouTubeで見る限りゴープロの映像の美しさは得がたいものがあります。

最近あまりアクションカメラ関連をチェックしていなかったせいもあっていつの間にか進化していて驚かされました。

Gopro HERO 6も正常進化として欲しいんですがフュージョンかなり魅力的な製品なのでどっちも欲しくて悩んでしまいます。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す