キャノンデール CAAD 12が15万円で買える時代に

あのCannondaleのハイエンドアルミバイクCAAD12がついに15万円(税抜き)で買えるようになりました。

最初はフレーム価格かと思いました。

CAAD12

しかしこれは間違いなく完成車の価格。

2018年モデルに昨年までなかったTIAGRAをメインコンポとしたグレードを追加した結果です。

それにしても105とティアグラってそこまで価格差ないと思うんですけどね。

そこはクランクなどはFSAを使ってコストダウンしています。

また上位モデルとフロントフォークを変えて差別化を計っているようです

とはいってもブレーキはTIAGRAなのでりっぱなものです。

また個人的にはカラーも嫌いではないです。

フォークも真っ黒に見えますが、内側に緑の差し色が入っているので単色ではないです。

これからロードバイクを始めたい人にとっては最有力候補になることは間違いないでしょう。

CAAD10をお金がなくて買えなかった身としては、少し悔しいですが。

もうこうなってくると他社のエントリーモデルは喰われてしまいそうです。

CAAD12はカーボンキラーでもあるし、ついにエントリーキラーにもなってしまいました。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す