Jamis ICON Pro DISKに乗ってみた

2017年モデルでビックチェンジしたジェイミス ICON Pro Disk 2017に試乗したのでインプレします。

新しくなったJamis IconはCannondaleやGIANTのシートチューブとシートポストをしならせるという設計思想を真っ向から否定するモデルです。

シートチューブ径は34.9mm, シートポスト径は31.6mmもあり、しならないように設計されています。

それとは逆にトップチューブとダウンチューブを薄く作りしならせるという斬新な考え方です。

フレーム-11-06-2017-04-51-04

フロントはカーブフォークからストレートへ変更。

DSC07215

油圧ディスクブレーキのキャリパーはフラットマウントのシマノBR-RS505。

DSC07222

ケーブルは外装式です。

溶接もきれいです。

DSC07217

チェーンステーは珍しい角断面です。

DSC07218

DSC07221

先代のモデルは中速域に入ると、後ろから押し出してくれるような感覚がある隠れた銘品でした。

キャノンデール CAAD12もこの乗り味をパクったんじゃないかと思えるほどのモデルだったと思います。

しかし今回のモデルではしっかりと踏み応えを感じるカチッとした乗り心地。

でも振動吸収性はとてもよいモデルでした。

やわらかいアルミバイクは好きになれないという方にはおすすめです。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す