RIDLEY FENIX SL に乗ってみた

今回はベルギーブランド リドレーのエンデュランスモデル FENIX SLのインプレをしてみたいと思います。

DSC07131

ヘッドチューブはテーパーがつけられています。

アワーグラス形状をしていて空力はよさそうです。

DSC07141

フォークはややカーブした扁平フォークです。

DSC07125

ダウンチューブは付け根がやけに太いダイヤモンド形状をしています。

ワイヤー類は内装式。

DSC07124

シートステーはCannondale CAAD12のような横扁平です。

DSC07128

試乗インプレッション

以前にSLでないFENIXに乗ったことがあるのですが、思ったより硬い印象がありました。

石畳が多い国の割には結構パリッとしたモデルでした。

しかし、FENIX SLはしなやかでペダリングをアシストしてくれるようなよく進むバイクでした。

変なギミックはなくフレームの設計で快適性を出しているように思います。

でもその味付けは極控えめで、ペダリングロスも少なくレースでも十分早そうなバイクでした。

ライバルはFOCUS CAYOといったところでしょうか。

試乗者にはアルテグラがつけられていましたが、基本的にフレーム販売のみでフレームセットは235,000円(税抜)です。

RIDLEYのバイクを買うとなぜかFFRDのホイールも欲しくなってしまうところが、

悩みどころです。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す