速くて美しいPinarello DOGMA K8-Sに乗ってみた

ピナレロのグランフォンドモデルの最高峰DOGMA K8-Sの2016年モデルに試乗したので、インプレしたいと思います。

石畳の上など荒れた路面を走るレースでも快適に走れるように作られたモデルです。

DSC03754




最大の特徴はジャガーと共同開発したサスペンションがシートステーの途中につけれていることです。

TREKはDomaneにISO Speedという機構を搭載しましたが、PinarelloはDSS 1.0, Dogma Suspension systemで振動吸収を行います。

DSC03756

DSC03785

そしてピナレロの特徴ともいえる湾曲したONDAフォークも健在です。

DSC03755

DSC03765

アワーグラス形状のヘッドチューブ。

DSC03759

チェーンステーはまるで板バネのように横扁平です。

DSC03769

カーボン目が美しいトップチューブ。

フレームの素材はT1100-1Kカーボンです。

DSC03761

ヘッドパーツまで空力を意識したデザイン。

DSC03789

ピナレロいいところはBBがプレスフィット式ではなくスレッド式でメンテしやすいところです。

DSC03773

試乗インプレッション

ハイエンドモデルは剛性が高くて進まないと感じることが多いのですが・・・

これは最初のひと漕ぎでビューンと伸びてきてくれます。

まさに反則級なロードバイクで、これなら脚力がない人でも速く走れます。

でも価格はフレームセットだけで、840,000円(税抜き)です。

もし誰かからロードバイクどれでもいいから買ってあげるって言われたら、これを選択するかもしれません。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す