激安モバイルサイクルトレーラーDOPPELGANGER DCR347-BKを組み立ててみた

前回に引き続きドッペルギャンガー DCR347-BKを組み立ててみます。

激安モバイルサイクルトレーラーDOPPELGANGER DCR347-BKを開封してみた

まず底部を引き出します。

set1

そしてタイヤの中央部を押して片輪づつはめていきます。

DSC06143

set2

本体はこれだけで完成です。

持ち手は太くて手が痛くなりにくいです。

f5

レバーを引くとアームが出てきます。

set5

厄介なのは接合部品。

重量を測ってみると309gもあります。

DSC06150

サドルより重いです。

またシートポストを一回引っこ抜かないと取り付けができません。

また丸くないシートポストだと取り付けが難しい形状です。

DSC06154

装着後自転車とトレーラーを接続してみました。

set6

最後にねじを回してカプラを固定します。

set7

700Cでも余裕のクリアランスです。

脱着も4簡単そうです。

DSC06153

タイヤの空気圧が心配になりTopeakのフロアポンプで入れようとしました。

しかしヘッドが大きすぎて入りません。

DSC06174

そこで携帯ポンプGIYO 携帯用マイクロフロアポンプの登場です。

DSC06173

英式なのですがなぜか仏式のヘッドで入りました。

DSC06170

最後に荷台にペットボトルのケースを乗っけてみます。

ストラップは簡単に止まります。

f6

折りたたむと20センチの隙間があれば入るそうです。

でもタイヤの収納は難しいです。

f2

開封の様子を動画にしましたので、よろしかったらご覧ください。

暖かくなったらキャンプなどに行ってみたいです。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す