フルモデルチェンジしたGIANT TCR SLR 1 2017に乗ってみた

フルモデルチェンジしたGIANT TCR SLR 1に乗る機会がありましたのでインプレしたいと思います。

ちなみに前モデルには乗ったことがないので、比較はできません。

dsc03475

ジオメトリーはカーボンのTCR Advanced proを踏襲したものになります。

軽量化のため塗装はせずにクリヤーを塗っただけなので、無垢のアルミの色がレーシーなイメージを盛り立てます。

dsc03470

アルミモデルにもかかわらずOVER Drive2を与えています。

dsc03486

ケーブルは内装式です。

dsc03474

メインコンポはブレーキも含めてシマノ アルテグラです。

dsc03480

ホイールはチューブレス対応軽アルミクリンチャー GIANT SL1 WheelSystem

完成車についているホイールとしては重量が1585gと中々の軽さです。

よほどレース出るとなどない限り、このまま使ってもよさそうです。

軽量ホイールは高いのでこれはありがたいですね。

dsc03482

レーシーなのでカチカチに硬いバイクだと思いましたが、しなやかな乗り味にビックリしました。

早いばかりでなく、乗っていて気持ちがいいというの意外でした。

乗った感じはTREK Emonda ALRに似てます。

GIANT TCR SLR 1はお値段もカーボン級の税抜き出230,000円なのですが、本当にお買い得なのはSLR2だと思います。

重量差400gの違いで65,000円は大きいです。

SLR2は2017年モデルで一番コスパが高いロードバイクだといえるでしょう。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す