Trek Domane SL 2017のインプレしてみます

Trek Domane SLはドマーネシリーズのミドルグレードの位置づけで2017モデルとして登場しました。

DomaneシリーズはTrekのエンデュランスモデルで、長いホイールベースとハンガー下りが大きく低重心のフレームにISO Speedという振動吸収機構が特徴です。

SLシリーズは従来のISO Speedだけでなく、フロント側にも採用されました。

dsc03638

Domane SL以上のモデルに付けられたフロントISO Speed。

dsc03647

また、リアのISO Speedは第二世代に進化しています。

dsc03645

太いタイヤにも対応できるようにロングゲージの独自ブレーキを採用。

完成車には28Cのタイヤが装着されています。

dsc03642

フロントフォークはエンデュランスモデルらしくカーブを描いています

dsc03650

試乗したのはシマノ ULTERGRAが搭載されたDomane SL 6です。
重量はカタログ値で7.88kg (56サイズ)となっています。

トップモデルのSLRがOCLV600グレードなのに対し、SLではOCLV500グレードですが十分に軽さは感じられます。

以前のDOMANEは漕ぎ出しがもっさりしていましたが、このモデルはほとんど感じませんでした。

見た目のボリューム感と裏腹にかなり軽い踏み心地でしなやかさも感じられます。

肝心の前後ダブルのISO Speedですが、ウネウネ動く感じは全くありませんでした。

しかし見事に振動がカットされていて、長距離乗ったら楽だろうなと思いました。

ただ日本で長い石畳の道があるわけではないので、フロントISO SpeedよりSLRグレードに付けられている可変式のもののほうがよかったかなと思います。

そのうちどちらの機構も下位グレードに落ちてくるとは思いますが。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す