GIANTの新しいアルミロードバイク CONTEND SL 1 Diskに乗ってみた

2017年モデルとしてジャイアントのエントリーモデルcontendシリーズを発表しました。

同社のアルミロードバイクでレーシングジオメトリーで設計されたTCR(SLRは除く)とエンデュランスモデル Defyを統合したモデルです。

ジャイアントは前回のデファイのモデルチェンジで剛性を保ちながら快適性も損なわないアルミフレーム製造技術を完成させました。

フルモデルチェンジしたDefyはまるでカーボン車に乗っているみたいだと世界中で売れに売れ、日本でも品薄状態が続いたほどです。

今回の統合は両方の特性を手に入れたのだから1車種にしてしまえという思惑があったのだと思います。

Contendシリーズは2グレードのアルミフレームが用意されています。

低価格モデルはALUXXグレード、上位モデルはALUXX SLグレードのアルミが使われています。

今回試乗したのは上位グレードのフレームにディスクブレーキを搭載するGiant Contend SL 1 Diskです。

dsc03489

この値段でなんと油圧ディスクブレーキが標準装備されているのには驚きです。

それを実現したのがジャイアントが新開発したワイヤーを使った機械式を油圧式に変換してしまうGIANT CONDUCT DISC BRAKE SYSTEM。

conduct

これなら油圧専用ではなく通常のワイヤー引きのSTIレバーが使えるので、完成車のコストを安く抑えることができます。

取り付け位置はステムの先端で、形状も空力に配慮した設計になっています。

このブレーキシステム単体の重さは不明ですが、リムブレーキモデルとの重量差は700gです。

dsc03511

ブレーキキャリパーはGIANT独自のものを使用。

dsc03501

フォークはカーボンストレートフォーク、コラムはアルミです。

dsc03487

よく見ると先端にダボ穴がしっかりついています。

contend_sl_disc_9

クランクはShimano RS500のコンパクトクランク。

dsc03490

リアディレーラーは105です。

dsc03491

シートステーは左右非対称の複雑な形状をしています。

dsc03504

リアエンドの溶接はジャイアントにしては少し雑ですね。

dsc03498

サドルは溝つきのCONTACT FORWARDサドル。

シートポストは振動吸収性に優れるD-fuseを採用しています。

dsc03494

セミディープホイールPR-2 Diskはワイドリムでチューブレスタイヤに対応しています。

dsc03519

乗車インプレッション

ジオメトリーはTCRよりハンドル位置を高くし、Defyのチェーンステーより短くした両車の中間をとった設計です。

しかしTCR乗りから言わせてもらうとこれは「断じてTCRではない」と感じました。

踏み心地もお尻からくる振動も柔らかくしなやかです。

本当にカーボン車に乗っているみたいな乗り心地です。

あくまで個人的な感想ですがTCRというよりもチェーンステーを短くしたDefyといったほうが近い表現かもしれません。

油圧ディスクブレーキ、D-fuse、最新のアルミフレームで155,000円は安いと思いますが、これからロードバイクをはじめようとする人にとっては少し高いような気がします。

最初の一台としてはリムブレーキモデルのContend SL 2(115,000円)くらいが、現実的な価格かなと思います。

試乗の様子を動画にしてみましたので、よろしければご覧ください。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す