もしカーボン、アルミ、クロモリの3台のロードバイク持っていたらどれに乗る?

昨年カーボンのロードバイクGiant TCR Advanced Proを買ったので、我が家はカーボン、アルミ、クロモリバイクの700Cのタイヤを履く素材違いの3台のロードバイクがそろったことになります。

私の場合どうやって使い分けているかというと

カーボンロードバイク

荒川サイクリングロードでのトレーニングやヒルクライムなどに使っています。

比較的短距離で使うことが多いです。

軽いので加速はいいですが、その分慣性が少ないのでスピードの落ちが激しいのは軽量なカーボン製ロードバイク全体に言えることです。

昔は安いカーボンバイクはフニャフニャでしたが、現在はミドルグレードでも大抵の人は硬すぎるくらいです。

dsc01044

GIANT TCR Advance Pro 2016

アルミロードバイク

輪行や買い物など少々傷つけられても仕方ないよなという場面で出番が多いです。

でもキャノンデールのCAAD12やTrekのEmonda ALRだったらこの使い方はしないと思います。

爽快な加速感はたまりませんが、体感よりも速度は出ていません。

アルミは錆びませんが、汗で腐るので長く乗りたかったら洗車は欠かせません。

dsc09457

GIANT TCR2

クロモリロードバイク

私のクロモリバイクはダボ穴がついているので、キャリアが取り付けることができます。

ロングライドやキャンプなど、荷物が多いときにパニアバックをつけて使います。

普段着で気軽に乗れるので、買い物にも向いています。

というよりもサイクリングウェアで乗るとなんか違和感があります。

dsc06956

Jamis Quest Sport

で、結局最近一番出撃回数が多いロードバイクはどれかというとクロモリバイクのJamis Quest Sportsなんです。

とにかく乗っていて楽しいし、柔らかい乗り心地、どっしりとした安定感が気に入ってます。

同じ距離走っても疲れ方が全然違うんです。

例えば荒川サイクリングロードで60km程の距離をトレーニングして家に戻ってくるとカーボン車ならぐったりとして何もしたくないんです。

でもクロモリ車で出かけると「あとひと仕事するか」くらいの余力がまだ残っています。

そもそも平均速度が違うので、当たり前といったらそれまでなんですが…

では、ロードバイク最初の一台としてクロモリバイクを買ってればよかったのかというと、そうでもないです。

最初にクロモリバイクに乗ってしまったら、その良さはわからなかったと思います。

またフレームが傷つきやすい、錆びやすいなどのデメリットもあります。

c17_c14507m_cer-2

今だと最初の1台はキャノンデール OptimoのSoraかTiagraあたりがいいかなと思います。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す