【キャンプツーリング車化計画】 ロードバイクにフロントキャリア付けてみた

クロモリロードバイク‘Jamis Quest Sportでキャンプツーリングをするためにフロントキャリアを取り付けることにしました

何でリアキャリアではないのかと思う方もいるでしょう。

リアのほうが沢山積めますからね。

昨年からAPIDURAの大型サドルバックをつけてロングツーリングに出かけていますが、上り坂でダンシングしたときの揺り戻しがキツイなと感じました。

DSC09998

しかも少しタイムラグがあるので、リズムもつけにくいんです。

別に日本一周旅行に出かけるわけではないからフロントパニアだけでいいかなという結論に達しました。

購入したのはTIOGAのフロントチューブラーキャリアーです。

いろいろ探しましたがロードバイクのキャリパーブレーキの台座に取り付けられるタイプは数種類しかありませんでした。

キャリアがカンチブレーキやVブレーキ用に設計されたものがほとんどです。

このキャリアーはアルミ製でパイプは中空構造になっているので、金具を除いた重量が380gと軽量です。

少し堅牢性にかけるのではと思いましたが、耐荷重は10kgあります。

金具取り付けのために一度ブレーキキャリパーを外すのは面倒でしたが、それ以外の取り付けは簡単でした。

DSC01508 (2)

フロントフォークにダボ穴があったからかもしれません。

ドロヨケもつけたしこれで自転車側はキャンプに行く準備ができました。

DSC02206

あとは装備品を取り揃えていくだけですね。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す