ついに出た!  Ginant TCR Disk 3モデル発表

ジャイアントがついに2017アーリーモデルとしてTCRのADVANCEDグレードにディスクブレーキモデルを追加しました。

tcr disc action

TCR Advanced SL Disc

2017 TCR Advanced SL Disc

まずAdvanced SLグレードから。

なんとコンポはワイヤレス電動コンポSRAM Red eTap。GIANT-SRAM復活か?

米国国内販売価格はUSD8,250。

TCR Advanced Pro Disc

2017 TCR Advanced Pro Disc

Advanced Proグレードはロードバイク用に開発されたシマノ製フラットマウントのディスクブレーキを採用。

価格は米国国内販売価格USD4,700とリムブレーキのモデルよりずい分と値段が高くなったと思ったのですが、コンポは電動のUltegra Di2が装着されています。

また新開発のカーボンクリンチャーホイールGiant SLR 1 Disc WheelSystemは30mmハイトでディスクブレーキ仕様でありながらチューブレスタイヤにも対応しています。

TCR Advanced 1 Disc

2017 TCR Advanced 1 Disc

TCR Advanced 2 Disc

2017 TCR Advanced 2 Disc

Advancedグレードはアルテグラと105の2グレードのコンポが選べます。

こちらはホイールが金属なので荒地をガリガリ走れそうです。

価格はAdvanced 1がUSD2,450, Advanced 2は不明ですが、この価格でカーボンフレームのディスクブレーキモデルが買えるのはかなりお得感があります。

まとめ

全TCR DISKモデルでクイックリリースに変りスルーアクスル方式が採用されたためブレーキディスクの付いたホイールの脱着がしやすくなりました。輪行や車載が多い人にはうれしい変更だと思います。

しかし、リアエンド幅が142mmになってしまったので注意が必要です。

TCR Diskモデルはキャリパーブレーキのモデルよりだいぶ高い価格設定ですが、この円高ですから国内販売価格に期待してしまいます。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す