Giant TCR Advanced 2 とAdvanced pro 1 2016年モデルの比較インプレ

ジャイアントはTCR ADVANCEDシリーズ(カーボン)の2016年モデルで大幅にモデルチェンジを果たしました。

この中でもなんとか手が届くかもしれないTCR ADVANCED PRO 1 2016年モデルとTCR ADVANCED 2を乗り比べてみました。

まずはジャイアントTCR ADVANCED PRO 1 2016年モデルから。

TCR ADVANCED PRO 1 2016

DSC00187

とにかく踏み心地が軽くふわっと加速してくれます。
そして思ったより硬くない。
緩い坂なら羽が生えたように登ってくれます。
凡人でもパーツ交換なしに真波君になれてしまう1台です。

空力はあまり良くないですね。
トップチューブが細くなったり、シートチューブが‘エアロ形状になったりしてますが、
一番風の抵抗を受けるダウンチューブは結構太いので仕方がないのかもしれません。
軽いだけに加速は楽ですが向かい風の中を漕ぐと減速も激しいです。

外観の第一印象は「ブサかわいい」でした。

緑はカタログで見るより蛍光が入っていて、さらに目立ちます。

SLR1 Wheelsystemというカーボンクリンチャーホイールが標準でつけられています。
このホイールはチューブレスタイヤにも対応しているので、普段からチューブレスを使っている私にはありがたい仕様です。

カラーは黒かと思ったのですが、カーボン素材の色がそのまま出ています。

DSC00206

フロントディレイラーは直づけ。

シートチューブはエアロ形状になっています。

DSC00235

チェーンステーにはANT+のセンサーが埋め込まれています。

私のiPhone5sでは受信できないのでBluetoothにして欲しいところです。

DSC00219

細くなったと言われていますが、まだまだ空気抵抗が悪そうなダウンチューブ。

DSC00217

下位モデルはコラムが通常サイズでアルミ製なのに対して、OverDrive2と呼ばれる通常より径が太いカーボンコラムを採用しています。

ダンシングしたときやダウンヒルのときに威力を発揮すると言われています。

しかし通常のステムはつけられないので、交換する場合はパーツの入手が難しそうです。

DSC00185

VARIANTと呼ばれるシートピラー。

特にしなりは感じませんでした。

DSC00222

定価は税抜きで350,000円です。

税込みだと378,000円で、PINARELLO GANなどが買えてしまう価格帯です。

TCR ADVANCED 2

DSC00236

ジャイアント TCR Advanced 2 2016年モデルの定価は税抜き200,000円で、アルミのキャノンデールCAAD12より安いという驚きのプライスです。
TCR ADVANCED PRO 1と比べると前輪が地面に張り付いているように感じられてしまいました。
でもむしろこっちが普通なのかもしれません。
フレームの重量差を計算すると200g程度しか変わらばいはずですが、こんなにも違うものかと思ってしまいました。
この違いがフレームなのか、ホイールによるものなのかはわかりませんが、たぶんホイールなのでしょう。
全体的に軽くて硬い踏み心地ですが、それ以外はとがった特徴はなく素直な味付け。
このままの状態で平地を走ったらCAAD12のほうが明らかにバネ感で前に押し出してくれる加速を味わえるので幸せになれそうです。

でも軽量ホイールを履けばヒルクライムでもサクサク登ってくれるし、ディープリムを履けば平地も速く走ってくれそうです。
ホイール次第でどうにでも変わる、白米のようなフレームだと思いました。

昔のFocus cayoみたいなシートステーのデザインです。

DSC00263

意外にもシートは堅いテンピュールのようにプニプニしていて快適。

このままでもいいかもしれません。

DSC00241

前後合わせて2,000gほどある、PR-2というホイールが付いています。

TCR ADVANCED PRO 1のホイールとの重量差は約530gです。

DSC00260

まとめ

はっきり言ってこの2台にはかなりの差があります。

それがホイールの差なのかそれともフレームの差なのか・・・

残念ながら今回ホイールを交換することはできなかったのでその答えは出ませんでした。

TCR ADVANCED PRO 1は噂通り今まで味わったことのない凄いロードバイクでした。
ホイールと一体設計というところが、新しい考え方で素晴らしいです。
昔はF1マシンもエンジンとシャーシは別設計でしたが、現代ではエンジンもシャーシの一つと考えなければ勝てなくなっています。
最近ホンダエンジンが勝てなくなってきている理由もここら辺にあるのではとおもいます。
ジャイアントはスローピングフレームで革命を起こしましたが、今度はホイールとフレームの一体設計で革命を起こそうとしているのかもしれません。
ミドルクラスで高級ホイールを付けた完成車を売ろうとすると買う側からは価格が高く感じられてしまいます。
なので自分の知る限りではこの販売方法をとっているのはCANYONくらいです。

TCR ADVANCED 2はこの価格で剛性の高いカーボンバイクを作るのは凄いと思いました。

Advanced PRO 1のホイールは素晴らしいですが、普段使いとしてカーボンはどうでしょう?

TCR ADVANCED 2を買って15万円くらいの高級アルミクリンチャーホイールをつけてみると言うのも面白いかもしれません。
このバイクに高性能ホイールを履かせたらどうなるのかを試してみたかったです。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す