やまめ乗りがやまめの学校でおじぎ乗りを習ってきた

おじぎ乗りの聖書自転車の教科書2巻目も大好評ですが、3巻目って出るのでしょうか?

しかしおそらく3巻目を出さないということはないんじゃないかと思います。

その理由は・・・

実はやまめの学校に行ってきたんです。

DSC00147

雨でしたが。

DSC00148

ヤマメの学校が開催されるやまめ工房はJR大糸線の有明駅から3km程のところにあります。

yamame

まだ本に書かれてないことを沢山教えてもらいました。

やまめの学校の教え方もバージョンアップしているのです。

なんか肉の塊をいくつも口の中につっこまれて帰って来たような気分です。

内容はこんな感じです。

ヒルクライムでタイムを短縮する方法
足首のストレッチ方法
どんな靴を選べばよいか
ヒルクライムでの呼吸法
ダウンヒルで安全に速く下る方法
どのメーカーのSTIレバーを買うべきか
最初の一台はロードバイクがいいのか?
顔が下を向いていても前が見える方法
良いヘルメットの選び方
ビブショーツはなぜ必要なのか
おじぎ乗りに向くサイクルジャージとは
ブルべで最悪の装備とは
ブルベに向く自転車とは
自転車の素材はどれがいい
オーダー車作るんだったらどのビルダ
自転車のアイウェアを買うんだったらどこがいい
右側から3本ローラーに乗れるようにする
インナーローでも加速する方法
なぜ速く走るために握力をつけるのか
自転車を長持ちさせる方法
漕がずに進む方法
ギアに合わせたカカトの位置

これから噛み砕いて消化するまでにはかなり時間がかかりそうです。

消化できたらブログに書いていこうと思います。

座学を聴いていて堂城さんて完全な「理系脳」だと思いました。
論理的に説明できないと気が済まない感じです。

自宅兼教室が手狭になってきたのか、新校舎が完成していました。

ここなら雨が降っていても実習ができます。

受講者の自転車を1台1台調整してくれました。

y01

夕方に雨も上がり少しだけ実習。

なんか目の前で「見えちゃってる荷重移動」をやっている人が・・・・

y02

丸一日気を抜く暇もなく、写真を撮る時間もないほど充実した授業でした。

とりあえず体が硬いと言われたので毎日柔軟体操に励もうと思います。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す