輪行用にビンディンシューズを買いました

今まで輪行に行くときはバックの中にビンディングシューズを入れて現地まで運んでいました。

でもこれって結構重いしかさばるんですよね。

なので歩きやすいSPDシューズをさがしていました。

選んだのはシマノ SH-CT71B クリッカーSPDシューズ

軽量なのとヒモ靴なのに結ばなくていいところが気に入りました。

DSC09725

今年のツール・ド・フランスで青い靴を履いている選手が多かったのが印象に残っているので色はブルーです。

クリートは手持ちのSHIMANO SM-SH51 シングルリリースを取り付けました。

2度ほど輪行に行きましたが、ビンディングシューズを履いていることを忘れるくらい違和感のなさにビックリです。

歩き心地はほぼスニーカー感覚で、ジーンズをはいていれば誰もビンディングシューズだとは思わないでしょう。

クリッカーシリーズは脱着がしやすいというレビューが多いですが、実際使ってみてそうは感じませんでした。

普通のビンディングシューズはクリートが飛び出た状態なので場所が足裏で感じ取れます。

しかしクリッカーシリーズのSPDシューズは一段奥まった位置についているので、クリートの位置が分かりずらいです。

外す時もシューズ全体がねじれるので力がかかりにくいかなと思いました。

DSC09726

通気性はシマノ SH-R088W のようにあからさまにはよくはありませんが、全体的に空気の流れを感じます。

同じような歩きやすいビンディングシューズはいろんなメーカーから発売されていますが、このシューズは圧倒的に蒸れが少ないと思います。

もう輪行や自転車でのショッピングに欠かせないないものになってしましました。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す