【ラオス旅行】ルアンパバーンで1泊 3,580円の宿に泊まってみた

先の記事にも書いたようにラオス旅行ルアンパバーンでは2つのホテルに泊まることにして前半はagodaSADA Hotelを予約しました。

参考:「ラオスに圧倒的に強いホテル予約サイトで激安な部屋を探してみた

DSC09687

中心街からは少し離れてますが、自転車の無料レンタルがあり便利です。

部屋にはキングサイズのベッドがドドーンと鎮座しています。

DSC09669

冷房もありますが、天井にはファンがありこれが結構いい感じで涼しくなります。

GOPR6686

cheero 高速充電マルチポートUSBアダプターもアダプターなしでそのまま差さります。

デジカメやiPhoneの充電に便利でした。

Wi-Fiは無料でしたが、なぜかWindowsタブレットではつながらずに、iphoneだけがつながりました。

仮につながったとしてもかなり低速なので、あまり期待しないほうがよいかもしれません。

DSC09890

水は1日2本まで無料です。

DSC09922

お風呂も海外のホテルにしては広いです。

アメニティは充実していますが、なぜかシェーバーがありませんでした。

GOPR6683

素敵な中庭があります。

DSC09796

池にはなぜか錦鯉が・・・

DSC09689

中庭に面した部屋は本当に静かでゆったりと過ごせそうです。

でも安い部屋は通りに面しているので、それなりにうるさいです。

虫は意外と少ないですね。

東南アジアだと蚊やハエがブンブンというイメージなんですが。

GOPR6616

わたしはトゥクトゥクの音や現地の人の話声などが聞こえたほうが、旅行気分が盛り上がるので嫌じゃないです。

それに部屋も立派だし、この値段なら満足です。

でも静かな部屋がよければ、もう少しお金を出して中庭側の部屋にしてもらったほうがよいかもしれません。

ラオスのホテルは基本的に宿泊代に朝食が含まれています。

たいていバイキング形式ですが、目玉焼きなどはその場で作ってくれます。

わたしは朝食になるべく遅い時間に行って死ぬほどだべて昼を抜く作戦を展開することが多いです。

欧米人は朝早いらしく朝はいつもひとりでゆっくり食べていました。

DSC09681

ホテルの従業員は気さくでいろいろなことに柔軟に対応してくれます。

次のホテルへ行くときになかなかトゥクトゥクがつかまらずに困っていると、ホテルの車で送ってくれました。

彼らからすれば商売敵なのに、ありがたかったです。

応援よろしくお願いします
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す