シマノ SPDビンディングシューズ sh-r088 一年使用レポート

昨年の今頃 ShimanoのSPDとSPD-SLに対応したビンディングシューズSHIMANO SH-R088Wを買って1年が経つのでレビューしてみたいと思います。

DSC09613

まずなぜこのシューズを選んだかというと軽量なSPDシューズが欲しかったからです。

MTB用のSPDシューズを持ってみるとかなりの重量感です。

今でこそシマノのクリッカー ビンディングシューズなどがありますが、当時はあまり見かけませんでした。

それならばSPD-SLを買えばよいのですが、これに対応するペダルはスニーカーでは乗りにくいです。

SPDには片面フラットペダルがあるのでこちらを選択しました。

でもこのタイプはそもそもレーシーなモデルが少なく、ワイドタイプもあるR088を買うことになりました。

実測で302g (クリート込み)

DSC05036 (1)

価格は1万円ちょっとでビンディングシューズとしては安いのですが、意外にもSM-SH40 クリートアダプターが1,400円くらいするのするので注意が必要です。

また接地面積が少なくなるのか、足をつこうとすると滑りやすくコケたこともあります。

DSC05033 (1)

まあこのおかげでクリートが割れずに済むのでありがたいですが、1年経つと削れちゃいます。

DSC09611

使用感ですがこのシューズは夏向けのシューズなのだと思います。

底面にも空気口があり、ペダルを漕いでいると空気がシューズの中を通って抜けていくのがわかります。

蒸れを感じたことはありません。

DSC05032 (1)

冬も都内なら冷たく感じることは少ないでしょう。

SPD-SLシューズほどではないですが、軽量で剛性感もありパワーをロスなく伝えてくれる良いシューズだと思います。

またベロの部分が柔らかくやまめ乗りにも向いているシューズでもあります。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す