GIANT TCRの2016年はアルミを差し置いてカーボンモデルだけビックモデルチェンジするようです

2016年モデルのジャイアント TCRシリーズのカーボンモデルTCR ADVANCED SL、TCR ADVANCED PRO, TCR ADVANCEDがモデルチェンジします。

2016年モデルはアルミの年なんて噂は無視して、アルミモデルはマイナーチェンジにとどまるようです。

TCR-Advanced-SL

ADVANCED SL

フォークは30gの軽量化を実現しつつ、OverDrive2コラムとMegaDriveダウンチューブによって剛性を高めています。

TCR_Advanced_Pro

TCR ADVANCED PRO

ADVANCEDグレードカーボン素材を使用して手作業で製造されるフレームにTCR ADVACNED SL同様、MegaDrive、PowerCore、新型内装ケーブルルーティングなどの技術を採用し、OverDrive2フルカーボンフォークと、剛性と快適性を高次元でバランスする新型形状のVARIANTシートピラーを採用。

TCR-Advanced

TCR ADVACNED

TCR ADVACNED PROと同じフレームに、OverDrive規格のカーボン・アルミコラムフォークを採用。

16_TCR_1_matblack_white

ちなみにこちらがアルミモデルの2016年 Giant TCR1です。

コンポが新型Tiagraに変更されました。

お値段は定価123,000円です。

まとめ

TCR ADVANCEDシリーズは「平地はPROPELにまかせるから俺は登りね!」といった山岳番長的なモデルの可能性が高いです。

カチカチに硬いバイクじゃなけれないいけれど。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す