銀座のドまん中に野菜畑を作ってしまった伊東屋新本店のプレオープンに行ってみた

長い間本店を改装工事していた銀座伊東屋さんからインビテーションカードが届きました。

DSC09451

内容は2015年6月16日(火)のグランドオープンに向けた内覧会の案内でした。

DSC09453

メルシー券750円分も同封されていました。

太っ腹。

DSC09454

早速行ってみることにしました。

よくよく見ると両側がディファニーとブルガリというすごい立地です。

DCIM115GOPROGOPR6505.

前の店舗は商品がゴチャゴチャと並べられ歩きにくかったのですが、新店舗は空間が多いです。

なんとなく文具のセレクトショップといった感じです。

窓際には電源コンセントも用意されたノマドワーカー用のスペースも用意されていました。

DCIM115GOPROGOPR6480.

「旅行」をテーマにしたフロアが好きになりました。

文具の枠を超えてBrooksの自転車用品や以前このブログでも紹介したスーツを丸めて自転車に乗せられるヘンティー ウィングマンまで置いてありました。

DCIM115GOPROGOPR6482.

せっかくメルシー券をもらったのでノートをその場でカスタマイズして作ってくれるサービスを利用することに。

表表紙、裏表紙、A5ノート60ページ分(組み合わせ自由)、リングの色を自由にセレクトできて900円。

インクの裏抜けが少なく、書き心地もなめらかな伊東屋オリジナルのromeoも選べます。

私はブルーのリングに4種類の違った罫線の入ったA5ノートにカスタマイズしてもらいました。

DSC09486

10階にはビジネスセンター。

1日40万円のフロア貸し。

あまり広くないですがどんな人が使うのかは不明です。

DCIM115GOPROGOPR6487.

そして11階はワンフロア丸ごと野菜畑。

銀座の1等地で採算が合うのでしょうか?

野菜はすべて店内のレストランで使われるとのことでした。

DCIM115GOPROGOPR6492.

見るものが沢山あって1時間ほど滞在してしまいました。

当日は曇りだったのですが新本店はどのフロアも自然光が奥まで入り込む快適な空間でした。

銀座の老舗文具専門店がこれからどんな歴史をつむいで行くのか楽しみです。

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す