鳥取に行ってきたけど砂丘はスルー

ムーンライトながらは大垣に定刻通り着きました。

長い一日が始まりです。

大垣から西に行く電車は編成が短いので大混雑。

ムーンライトながらに乗っていたほとんどがこの電車に乗りつくのですから当然です。

この時点でなんとなく琵琶湖を北上して山陰地方に行きたいと思っていました。

米原で乗り継ぎの電車を一本スルーして姫路行に乗ったらガラガラでした。

本当は大津あたりで乗り換えなければいけなかったのですが、姫路まで楽して行けそうだったのでそのまま乗っていくことにしました。

宿に縛られない旅ってこういうところが楽です。

姫路は以前来た時よりかなり立派になっていました。

GOPR7200

駅から大通りが一直線に伸びていてその先に白亜の姫路城が見えます。

なんか雰囲気がパリみたいです。

でも姫路城って前からこんな白かったかな?

姫路駅から「スーパーはくと」という特急列車が鳥取方面まで走っているらしいので、緑の窓口で切符を買うことにしました。

hakuto

全席指定席で電工掲示板には空席なしという表示が・・・

もう乗れないかなと思いつつ一か八かで窓口に訊いてみました。

空席が2席だけ残っていたので、速攻で鳥取駅まで予約しました。

駅前でお弁当屋とお酒を買い、スーパーはくとに乗り込みます。

乗降口はスペースがたっぷりあったのでそこにTCR2を置かせてもらいます。

GOPR7224

車内は木をふんだんに使った森のようにとてもくつろげる空間でした。

前席とのすぺーすもたっぷりとありフットレストもついていて快適です。

GOPR7307

中国地方の里山の風景を眺めたり、読書をしたりとまったりした時間が流れていきます。

「旅の目的は旅」と言われるように目的地に行って何かをすることではなく旅は移動そのものが楽しめないとダメだと今回の輪行を通して改めて気づきました。

DSC08500

早速姫路駅で買った弁当「味の華」を開封。

GOPR7211

かなり豪華でおかずの種類も多くおいしかったです。

DSC08424

鳥取駅で下車して街を散策しようかとも思ったのですが、反対側にちょうど米子行の列車が止まっていたので、なんだか本能的に飛び乗ってしまいました。

GOPR7283

この電車もトイレの前にスペースがあったので自転車を置かせてもらいます。

GOPR7291

日本海と発電用の風車を見ながらスマートフォンから楽天トラベルで米子のホテルを予約しました。

本当は噂のスーパーホテル米子駅前に止まりたかったのですが、さすがに人気なのか空室はありませんでした。

翌日は雨の予報だったので、駅から一番近い米子ワシントンホテルプラザを予約しました。

米子駅前はきれいなロータリーになっていましたが、コンビニひとつなく閑散としています。

GOPR7249

ホテルはすぐにわかりました。

駐車場の奥に野ざらしですが駐輪場もあります。

部屋は狭いですが、別途はセミダブルくらいはありました。

GOPR7252

景色はまったく望めなかったです。

すぐに支度をしてサイクリングに出かけました。

海岸沿いをのんびりと走りました。

GOPR7259

でも後で調べてみると中海という汽水湖で海ではなかったです。

秋田の八郎潟のように淡水化して水田を作る計画があったみたいですが、
減反政策で中止になったようです。

やらなくてよかったですね。

夕日の中を湖からさわやかな風が流れてきて気持ちよかったです。

GOPR7270

宿に戻りシャワーを浴びて街に繰り出すかと思ったのですが、めんどくさくなったのでホテル内の9Fにある銀座という和食レストランで食事をすることにしました。

IMG_3589

料理が出てくるまで時間がかかりますが、米子駅が見下ろせて景色はよかったです。

DSC08493

ホテルの宿泊者は10%引きです。

もう少し米子探索がしたかったのですが、部屋へ戻ってさすがに疲れていたのでそのまま寝入ってしまいました。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す