貸金庫を借りてみた

部屋が狭いので貴重品を隠すところがあまりなく、銀行の貸金庫を借りることにしました。

どこが良いかいろいろ迷ったのですがメインバンクのみずほ銀行に第1種という一番小さなタイプを申し込んでみることにしました。

01010002

金庫のサイズは64(H) x 244(w) x 538 (D)です。

まず関門はそもそも貸金庫の空きがあるのかということと、銀行の審査に通るのかというところです。

お金さえ払えば誰でも使えるといったものではないようです。

審査対象は口座の開設期間、給与の振込、預金残高等で判断されているようです。

1週間ほどで担当者から電話があり、審査が通ったので申し込み手続きに銀行まで来てくれといわれました。

申し込みが終わると貸金庫に案内してもらいました。

半自動方式という金庫の入り口はカードで入場して、金庫自体鍵で開けるというものです。

利用時間は銀行の営業と同じ平日の9:00 -15:00なので頻繁に出し入れするサラリーマンには向かないかもしれません。

金庫の入り口のドアはルパン3世爆弾でも吹っ飛ばないのではないかと思えるほど、頑丈なつくりでした。

その中に郵便局のようなドアがたくさんあり自分に割り当てた金庫を鍵で開ける仕組みです。

金庫の中には中箱があり引き抜いて台車に載せて個室に運びます。

箱の大きさは幅がA4よりちょっと余裕があるくらい、奥行きは10センチほど長く思ったより大きかったです。

金庫は思ったより人の出入りが激しいので個室で出し入れできるのはありがたいです。

用が済んだらまた台車で金庫に鍵を閉めて終了です。

最近は貸金庫にアルバムや日記などを入れる人も多いようです。

私も入れるものはあまりないので、過去のほぼ日手帳や画像を焼いたメディアとか思い出の品を入れてみようかなと思います。

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す