美しすぎる自転車がいっぱいの2015 ハンドメイドバイシクル展に行ってきた(その2)

前回の美しすぎる自転車がいっぱいの2015 ハンドメイドバイシクル展に行ってきたの続きです。

山音製輪所

ハンドメイドバイクだけでなくバックの製作も得意な厚木にあるメーカーです。

今年初出展だそうです。

これ欲しい!と思ってしまったなんとも暖かそうなフロントパニアバックです。

値段は確か2万円くらいといってました。

DSC07371

キャリアを使ってないときこのアイデアはいいなと思いました。

浅いかごも使いやすそうです。

カゴ自体は買ってきたものらしいですが・・・

DSC07372

エム、マキノサイクルファクトリー

サイクルモードでは試乗させてもらいましたが、こちらの展示車はかなりクラシカルに振ってあります。

DSC07341

こった意匠のWレバー

DSC07374

目玉親父みたいな丸いライトもいいですね。

DSC07345

サイクルストアヒロセ

キャリア作りに定評があるビルダーです。

DSC07377

ブロンプトンのようなこのコロがすごいです。

立てて転がせるのでしょうか?

DSC07418

アマンダスポーツ

ビルダーのなかでいちばん元気だったような気がします。

名刺をいただいたのですがPANDANIの名刺でしたww。

DSC07417

これが木リムってヤツですね。

実物は初めて見ました。

DSC07402

なんか高そうなジャージです。

DSC07400

Helavna Cycles

都内の山の手のビルダーだけあってビルダーというよりはクリエイターといった風貌の方でした。

DSC07431

チェーンカバーが特徴的な1台。

DSC07429

真鍮製のベルがクラッシック感を際立たせています。

DSC07430

他の自転車イベントとは違い何か美術館へいったような気分でした。

自転車の生産のほとんどが海外製になってしまいました。

しかし日本にもまだ素晴らしい技術が残されているので、この火が消えないうちにハンドメイド自転車の魅力に気がついてほしいです。

応援よろしくお願いいたします
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す