冬なのですき焼きを作ってみた

鍋物やすき焼きは日本の定番料理です。

こういったものを作ることで部屋の湿度も上げる効果があるようで、ウチの場合作り始めると窓がすぐに結露で曇ってきます。

私はすき焼きが大好きですが、自分で作るより牛丼屋で牛鍋定食を食べたほうが安あがりでした。

しかし最近値段がだいぶ高くなってきたので、自分で作ることが多くなってきました。

DSC07139

割り下を自分で作る人もいれば、市販品を買う人も多いでしょう。

自分で作る場合はしょうゆ、みりん、砂糖、酒を自分の好みに合わせて調合しています。

本当は昆布でだしをとるようですが、めんどくさいので省略しています。

今回のすき焼きは化学調味料無添加の創味食品 すき焼のたれ とういのが見つかったので購入してみました。

具材とこのたれさえあればできてしまうので、キャンプなどでですき焼きを作る重宝しそうです。

また、すき焼きのたれのいいところは肉じゃがも簡単にできてしまうところです。

たれと水 1:4の割合で簡単においしい肉じゃができてしまいます。

「アミノ酸など」が入っていないので安心して使える一品です。

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す