素手だけでチューブレスタイヤををホイールにハメれるか試してみた

シマノのチューブレス対応ホイールWH-6800を買ったので、早速チューブレスを購入しようと思いました。

一番欲しかったのはHuchinsonのFusion3チューブレスの25C。

でも、23Cはたいてい在庫があるのですが、25Cはなかなか見つかりません。

このままだと走りに行けなくなってしまうので、IRC Formula PRO(RBCC) TUBELESS 700x25Cを通販で購入。

6,080円で送料無料でした。

DSC06318

早速、開封してみます。

ミシュランPro3より表面は柔らかくはありませんでした。

DSC06323

このタイヤは米ヌカが混ぜられていてドライでもウェットでもグリップを発揮してくれるらしいです。

formula-rbcc-25_4

さっそく届いたのでハメてみます。

普通は石鹸水などを使うのですが、試しに手だけで挑戦してみます。

やっぱり最後の部分は堅くてハメることができませんでした。

そこでIRC チューブレス専用 タイヤレバー

DSC06335

樹脂製ですが、この細さで折れるんじゃないかと思うほど力をかけても折れません。

本当によくできてます。

なんとか石鹸水なしで取り付けることができました。

なんでこんなことをやっているかというと、出先でのパンク修理に備えて石鹸水を持っていくかどうかを見極めたかったのです。(石鹸水を持っていくのはかなりめんどくさいです。)

しかし、空気を入れてもなかなかビートが上がりません。

どうもバルブの留め具が邪魔してそこから空気が漏れているようです。

仕方がないので石鹸水を使ってバルブとリムの隙間にタイヤの端をすべり込ませます。

もう一度空気を入れなおすと、「パチ、パチ」という音がしてビートが上がり無事装着できました。

DSC06328

タイヤの取り付けは思っていたより苦戦しました。

正直出先では、チューブレスのパンク修理はしたくないなと思いました。

やっと新しいホイールにタイヤが着いたのでツーリングに出かけたいと思います。

応援よろしくお願いいたします にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す