GIANT TCR2の2015年モデルは発売されないって本当?

2015年モデルのジャイアント TCR2の仕様がなかなか発表されないので、気をもんでる人も多いかと思います。

2015年モデルでは

旧TCR1 → TCR0

旧TCR2 → TCR1

になった模様です。

なぜこんな回りくどいモデルチェンジをするのでしょうか?

あくまで想像ですがジャイアントは旧105コンポーネントのモデルを捌きたかったのだと思います。

Tiagraならほかの2015年モデルにつけることができますが、10速の105はそうは行きません。

そのままTCR1の名前で出してしまうと、旧モデルは売れなくなってしまいます。

そこで2015年モデルをTCR0と名前を変えて発売すればあたかも2014年モデルのTCR1は「まだ型落ちではない」という錯覚に陥ります。

我々の心理をうまく衝かれたような気がします。

今年のTCR1は2014年のTCR2より1万円安くなっています。

色もさわやかでTCR0よりも外観は好きです。

IMG_2795

TCR1はコンパクトクランク+12-30Tのリアスプロケットがつけられているので、TCR0は平地高速巡航向け、TCR1はヒルクライム向けという棲み分けなのかもしれません。

まとめ

理由はどうあれ自分の持っているモデルがカタログから消えてしまうのはさびしいです。

応援よろしくお願いいたします
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す