【悲報】サミットネットスーパー突然のサービス終了の謎

近くにAEON「まいばすけっと」ができる前は、買い物難民だったのでサミットネットスーパーの利用はハンパなかったです。

ニュースなどでも大雪や猛暑でネットスーパーは絶好調のように報道されていました。

会員数も約25万人です。

なのに突然のサービス終了。

summit

親会社の住友商事では生鮮食料品がいまひとつ伸びず赤字続きだったと公表しています。

たしかにレタスやきゅうり、卵、鮭、チーズなどは少し高かったような気がします。

これ普通のスーパーじゃこの値段では買わないでしょというような値付けでした。

それとは反対にお茶のペットボトルやビール、お菓子など日持ちしそうなものは安かったので、生鮮食料品を一緒に買って欲しかったのでしょうか。

でもネットの世界はシビアなもので、安いものを選んで買いますからそこが実店舗と違うところです。

また以前の記事にも書きましたが、深刻な人手不足の問題があると思います。

若者がNOと言ってしまったので都内で牛丼難民が増加中

配達員は重労働ですからね。

ドライバーを集められなかったのかもしれません。

さしあたり既会員に対しては2014年10月末までサービスは続けるようなので必要なら使っていきたいと思います。

ポイントも残っているし。

でも配達便数自体だいぶ減ってますね。

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す