Chromecastがやってきた

我が家にGoogle Chromecastが届きました。

実際にクロームキャスト + iPhone + dビデオの組み合わせで使ってみて、こりゃTUTAYAなくなるぞ!

と思えるほどインパクトがある製品でした。

DSC04803

以前から北米では発売されていたので手に入れようと思えばできたのですが、単にYou Tubeを大きなTV画面で見るというだけでは個人輸入するまでのモチベーションは沸きませんでした。

またこの製品はGoodle陣営の作ったものなので、どうせiPhoneじゃ使えないんだろうなという先入観もありました。

しかし、クロームキャストの端末が先日日本でも正式に販売されるようになり、5/28にはドコモのdビデオでも対応可能となりました。

Chromecast対応アプリ一覧

dビデオはiPhone購入時にキャッシュバックと引き換えにイヤイヤつけたオプションですが、小さなスマートフォンの画面で見てもイマヒトツでした。

でも、TV画面で映画やテレビドラマ、アニメが月額525円で楽しめるとなると話は別です。

もうDVD借りに行かなくていいんだと思ってしまいました。

TUTAYAやBOOK OFFなどではお気に入りのタイトルがあっても棚のどこにあるか探さなくてはならいのは結構めんどくさかったのでいままで敬遠してきました。

宅配レンタルも便利ですが、家にディスクとケースが転がっているのもね・・・・

さて、早速Chromecastを開梱してみました。

入っていたのは本体、USBケーブル、ACアダプター、HDMI延長ケーブル。

DSC04800

テレビのHDMIケーブルに差し込みます。

うちのテレビはSONYのブラビア以前の「ベガ」という機種で、HDMI端子がひとつしかありません。

今後、ハードディスクレコーダーと端子の奪い合いになりそうです。

HDMI端子にChromecastを差し込み電源を入れるといきなり画面が立ち上がりました。

DSC04789

あわててスマートフォンでchromecast.com/setupにアクセスしてアプリをダウンロード。

あとはインストラクションどおり作業を続けると無事セットアップが終了しました。

最後にいつも使っている無線LANに設定を戻して、You Tubeやdビデオのアプリを立ち上げるとしっかりと

ch

マークが右上に表示されるのでポチッと押すとテレビ画面に切り替わります。

picnic

DocomoではChromecast対応記念キャンペーンとして先着10万名にdビデオの新作レンタルクーポンをプレゼント実施中。

特に応募の必要はないようで、私の場合Chromeキャストでdビデオをつないだ瞬間にクーポンが自動的にダウンロードされました。

docomo

テレビの大画面で見ても画質はとてもきれいで、途中カクつきもなくとても無線LANで転送しているようには思えません。

また、スマートフォンのみでは一部端末を除き、You Tubeを視聴しているときほかのアプリを立ち上げると再生が止まってしまいます。

しかしChromecastで再生するとほかのアプリを立ち上げたまま動画を視聴できるので、TV画面でYou Tubeを映しながらスマートフォンでメールを書くなんてことが可能になります。

今後民放テレビより、時間に縛られないdビデオで映画や音楽鑑賞の時間が増えそうです。

まとめ

私はdビデオをテレビで見られるようになったので満足していますが、逆の言い方をするとdビデオを見ないのなら税抜き4,200円も出してまで買う価値はないものだと思います。

おそらくしばらくしたら中古が市場に出回ると思うので、それを狙ったほうが賢明ではないでしょうか。

ただレンタルビデオ店や映像配信サイトにとっては大いなる脅威になりそうです。

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す