iPhoneを買わずにいられなっかた理由

Sony Xperiaを買う予定だったのですが、3月にカメラのキタムラでNTT DocomoのiPhone5sに買い換えました。

年度末にドコモが捨て身ともいえるキャンペーンをやっていたからです。

iPhone 5s [explored]

実はずっとこの瞬間を待っていました。

それは昨年auが同じことをやっていたからです。

iPhoneはApple社との契約で最低販売数量というものが決められています。

だからどこかでキャンペーンをやらないと販売数量を達成できないのです。

auのキャンペーンのときはauユーザーだったためあまり恩恵には授かれませんでした。

今回他社からの乗り換えで、iPhone5S(32GB)は一括0円でした。

キャッシュバックと一括0円ではどちらが安いかというと、一括0円のほうが安いです。

キャッシュバック 6万円と書いてあるとすごくお得感がありますが、本体代金が7万8千円なら1万8千円は自己負担です。
一方、一括0円は自己負担は0円です。

一昔前にガラケーなどが0円とか1円で売られてましたが、それと同じ感覚です。

ちなみに欲しかったSony Xperia Z1fは自己負担1万円でした。

また、私は一括0円でスマートフォンを買うと月々の割引料金が適用されないのでは?と勘違いをしていました。

でも実際には他社からの乗り換えに適用される「乗り換え割」がしっかりとついていました。

また使い勝手はAndroidとは違いますが、できることに関しては大きな違いは感じませんでした。

iPhoneの使い方に関しては今後記事にしていくつもりです。

mainimage672px
またうれしい特典としてdocomo×Evernoteプレミアムキャンペーン実施中でEvernote一年分のポイント(4,000円相当)が付与されます。

ちょうどEvernoteのプレミアムを購入しようとしてところだったのでこれはうれしい誤算でした。まとめ

結局買う側からしてみると無料で新しい端末になった上、月額料金も半額以下になる計算です。

今回auから契約変更をしない理由が見つけられませんでした。

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す