たった11.3kgのe-Bike Cannondale Super Six EVO Neo

キャノンデールから重量たった11.3kgのロードバイクタイプのe-Bike Super Six EVO Neoが海外で発売されました。

名前からも分かる通り同社のフラッグシップレーシングバイクSuper Six EVOの電動版です。

特徴的なのは後輪ハブモーターを採用したことです。

これによりより軽量になり、フレームの見た目もよりすっきりとしています。

電源ボタンはトップチューブ上に配置されています。

海外ブランドはここにつけるのが好きみたいです。

バッテリーは内蔵式なので取り外しはできません。

スペシャライズドのレンジエクステンダーと同じように、ボトル型の外付けバッテリー(208wh)も取り付け可能です。

ロードバイク型のe-bikeは今のところBBの位置に取り付けるセンターモーターが主流です。

しかし今後は前輪か後輪かは置いておいてハブモーターが主流になってくるのではないかと思います。

Super Six EVO Neoの一番安いモデルは40万円前後なので、日本に入ってきたらかなり売れるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す