スペシャライズドからクロスバイクタイプのe-bike Turbo Vado SL シリーズが発売

SPECIALIZEDからクロスバイクタイプのe-bike Turbo Vado SL シリーズが発売が発売されました。

キャリアや泥除けを標準装備するモデルもあり、日常使いに振ったe-bikeとなってます。

驚異的な軽さ

驚異的なのはその軽さ。

最上位モデルの重量はバッテリー込みで15kgを切っています。

これはクロモリロードバイクと同じくらいの重さです。

電動とは思えないルックス

またドライブユニットも小さくバッテリーもフレーム内に内蔵されているのでイーバイクだと気づく人は少ないでしょう。

内蔵バッテリーの容量は320Whで航続距離は130kmです。

これだけでも十分ですが、別売のレンジエクステンダーをつけることにより195kmの走行が可能です。

振動吸収機構まで付いている

また他社のe-bikeと比べて凄いと思うのはハンドル部分に設けられたFUTURE SHOCKと呼ばれる振動吸収機構。

e-bikeは重量があるので段差を乗り越える時のショックが大きいです。

e-bikeや電動アシスト自転車にはフロントサスペンションが理想だと思っているのでこの機構はかなりのアドバンテージじゃないでしょうか。

モデル展開

今回発売されるのは「4.0」、「4.0 EQ」、「5.0」、「5.0 EQ」の4モデル展開。

フレームはどのモデルもE5と呼ばれるアルミニウム製で共通です。

付けられているパーツやフロントフォークの違いでモデルが変ってきます

VADO SL 5.0
¥462,000(税込)
VADO SL 5.0 EQ
¥484,000(税込)
VADO SL 4.0
¥363,000(税込)
VADO SL 4.0 EQ
¥385,000(税込)

GEOMETRY / ジオメトリー

VADO SL 5.0 EQ S M L
Stack (mm) 595 626 660
Reach (mm) 378 401 415
Head-Tube Length (mm) 185 217 250
Head-Tube Angle (degrees) 70 70.5 71
B-B Height (mm) 270 270 270
B-B Drop (mm) 70 70 70
Trail (mm) 71 67 64
Fork Length (full) (mm) 390 390 390
Fork Rake/Offset (mm) 50 50 50
Front-Center (mm) 626 655 675
Chain-Stay Length (mm) 445 445 445
Wheelbase (mm) 1062 1091 1110
Top-Tube Length (horizontal) (mm) 554 587 610
Bike Stand-Over Height (mm) 770 790 815
Seat-Tube Length (mm) 415 446.5 494.5
Seat-Tube Angle (degrees) 73.5 73.5 73.5
Crank Length (mm) 170 172.5 172.5
Handlebar Width (mm) 680 680 680
Stem Length (mm) 60 75 75
Saddle Width (mm) 155 155 155
Seatpost Length (mm) 350 350 350

決して安くはないので普段使いに向いているかどうかはわかりませんが、ロングライドやスポーツバイクとしてスタイリッシュに自転車ライフを楽しみたい人に向いているe-bikeです。

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す