JAMISのアルミグラベルロードRENEGADE EXPLOREに乗ってみた

ジェイミスのアルミグラベルロードRENEGADE EXPLOREをインプレします。

レネゲイドシリーズはグラベルロードの先駆けとなるモデルです。

その後各社からいろいろなグラベルロードが発売されました。

果たして古さは感じられるのか?

まずは外観から見ていきましょう。

フロントドークはカーボン製の扁平フォーク。

空力良さそうです。

ボトルケージがつけられるようにダボ穴が空いています。

ダウンチューブの断面は円形に近い構造です。

ボトムにもボトルケージが取り付けられるようになっています。

フレームは粘りのある6061アルミ製です。

メインコンポはShimano Soraで、18速仕様。

キャリア用のダボ穴もしっかり空いています。

ケーブル類は完全にが外装。

シクロクロスのようにトップチューブの上方にルーティングされていて担ぎやすさが重視されています。

タイヤクリアランスは40cまでとなっています。

44、48サイズには650B、51サイズ以上は700Cホイールを採用しバランスを最適化

ディスクブレーキは機械式のTektro Lyraです。

試乗インプレッション

レネゲードは他にもクロモリ、カーボンがありますが、舗装路の走りはアルミモデルが一番元気がいいです。

フレームに伸びがありペダリングをアシストしてくれます。

アルミはサビにも強いので通勤通学にもおすすめです。

最新のグラベルロードと比べても全く引けを取らないコスパにも優れたモデルです。

動画もご覧ください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク

コメントを残す